他ではないオモシロ風俗情報

オモシロ風俗ってどんなの?

探す楽しみも

娯楽の一部でもある風俗。パチンコも風俗業に入ると昔に耳にしたことがあるけれど、なんてことないよ。娯楽の一種だと思う人もいれば、自分の本能を処理するサービス業だと思う人もいるかも知れないですね。 需要と供給というのでしょうか。誰かがいったっけ。性の販売だって。

風俗の種類あれこれ

探す。ただ、ひたすらに探すという目的でもいいよね、風俗のオモシロさを。だってさ、人によってオモシロイって感覚も違うのだしね。

先日、聞いた話ですが、メイドカフェでのオプションとしても色々なことがあるようです。メイドカフェは風俗では無いようですが、店員から高圧的な態度で接してもらうということもあるようです。通常では考えられないことですが、ある特定の場所なら、オプションとして、料金が発生するということなのですよね。

それにしても、高圧的な態度を要求する人って、どうなんだろ?って思ってしまうのだけれど、この人には、これがオモシロイことなんだろうね。

場面を変えてみると、異性との性交渉でも、人によってタイプやスタイルは様々。
また、性交渉に至るまでの経過を楽しみにしている人もいるかも知れないです。
人の持つ本能のことですから、何とも言えないですね。
しかしながら、犯罪になるようなことではなく、合法的に欲望を満たすことができるのであれば、問題は無いですよね。
そうそう、あまりオープンにはされていないサロンなどもあるかも知れないですね。裸体になった数人で、一緒に遊ぶようなところです。
そこでは、アルコールなどで、気分を高揚させて、この場だけの遊びを楽しむというような。

それは、インターネットなどで公表されていない可能性もあるのですが、何かのご縁で、情報が入ってくるかも知れないから、自分と同じ香りのする人に、近づいておくのもいいかも知れないですね。

ひと昔前なら、喫煙所などで、「ここだけの話」というのがよくあったのかも知れないですが、昨今は、喫煙場所もなくなってきているから、クラブやラウンジなどお酒の席で情報を入手する方法もアリかもね。
お水の人たちは、口がかたいというのが常識だと思いたい。
でも、口外されても致し方ないと覚悟しておかなくてはね。

おすすめリンク

ワタシのオモシロイ

何を楽しむかな。例えば、日常の窮屈な事柄から、異次元の世界での、楽しさ。 仕事もそれなりに、楽しみを見つけることもしているけれど、人間にはいろんな面があって、職場や家とも違う状況を作り出すコトって何?旅行をすることも一つだけど、頻繁にも行けないしね。 と、なると、日常で味わう非日常のコト。

比べる基準って何だろ

その時と場合によって、正義と悪に分かれるように、その時々で、好むと好まないことに分かれるように思うんだな。 それは、生活環境にもよるのだろうけど、魔法が使えるわけでもなし、簡単に異次元の世界を体験できたりするゲームのようなアソビをたまに、してもいいよね。 比べることもなくてもいいよね。